YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

Panasonic(パナライカ)25mmf1.4ASPH.|魅惑のねっとりレンズ

カメラ/レンズ情報
スポンサーリンク

パナソニックのマイクロフォーサーズ用/単焦点レンズ【Leica DG Summilux 25mm/f1.4 ASPH.】を今回はご紹介したいと思います。
ドイツの名門レンズメーカー【ライカ】の承認を受けた”ライカブランドのパナソニック製レンズ”ということで一般には【パナライカ】と呼ばれている信頼と実績のあるレンズです。
焦点距離25㎜(35㎜換算で50㎜)の標準域の単焦点で開放F値が1.4非常に明るいレンズです。

私の愛用機はオリンパスのOM-D E-M1 Mark2でマイクロフォーサーズセンサーのデジタル一眼カメラです。
2.8㎜(にっぱち)通しのレンズはありますが、暗所用に明るいレンズが一本欲しいということで互換性のあるパナソニックのこのレンズを購入しました。

管理人/太郎
管理人/太郎

オリンパスのOM-D E-M1 Mark2は高感度が弱いので
明るいレンズが欲しかったんだよ

愛猫バコ
愛猫バコ

オリンパスにも明るいレンズはたくさんあるんだけど
どうしてパナソニックのレンズを買ったんだニャ??

パナソニックのレンズは”こってり色のりの良い”レンズだ

パナライカ25㎜f1.4作例1

各カメラメーカーはそれぞれレンズも製造しています。
そしてメーカーごとにレンズが描写する”写り”にもそれぞれ特徴があります。大手メーカーのレンズの特徴を軽く触れておきましょう!

メーカーごとのレンズの描写の特徴

キャノン

温かみのある色味が特徴。人肌を魅力的に表現するので、人物撮影(ポートレート)に向いておりプロ機としても使用されている。人肌だけでなく動物などとにかく柔らかい表現に優れている。
自然に忠実な表現というよりは、”人が好ましい色味”に盛っている傾向にある。

ニコン

自然に忠実な描写をする”ことからプロに多く使用されている。しかし忠実すぎるがゆえに映像作品作りというよりも報道や物撮り、あるいは建造物や風景撮影、車両など鉄やコンクリートを精細に表現することに向いている。あっさりした色味。

ペンタックス

全体的に色味の表現力には定評がある。特に”緑”の表現力に定評があり、鮮やかな緑の表現に優れている。向いているのは森林、風景などなど。色味は比較的濃く、かといって嫌みのない色である。

富士フィルム

色彩の表現力が高く、非常に心地いい好ましい色味を表現している。キャノンと同様少し盛っている印象があるが、キャノンとは違う“フジのカラー”には唯一無二の特徴がある。全体的に淡い、柔らかい色味が特徴で例えば空は水色傾向で人肌は透明感のある描写ができる。カラーグレーディングしたような独特すぎる印象の色味なので好き嫌いが分かれる。

ソニー

全体的に青味がかった印象で夜などの暗い(黒い)部分が特に青く転ぶ印象がある。また人肌も青みがかって透明感のある描写ができる。この色味が最近の流行みたいで、プロからアマチュアまでがこぞってこのソニー機に鞍替えしている。比較的自然に忠実に再現されるので、どちらかというとニコンに近いあっさりな印象。
人肌(ポートレート)の透明感、表現力に関しては現在ナンバーワンだろう。

オリンパス

精細感、解像感のある表現が特徴。基本的にクセのない印象で逆に言うと面白みがない。唯一の特徴として”青”の表現に定評がある。フジカラーの空が水色なのに対してオリンパスの空は濃い青(ディープブルー)に近い印象でオリンパスブルーなどと呼ばれている。青空や海の表現に優れている。
どちらかといえば自然に忠実な描写。

パナソニック

こってりとした色のりの良い印象。発色がよく全体的に黄色味がかった温かみのある描写で、森林や葉っぱなどの緑が黄緑に転がる。どちらかというと自然に忠実でナチュラル。とにかく濃い色味、という印象。

パナライカ/ライカははっきりとした色味で色鮮やかな印象。強みは豊かな諧調で細かなグラデーションを精細に再現できる。発色は渋く情緒的な描写も得意とするところだ。

パナライカ 25㎜/f1.4 ASPH.の仕様

パナライカ25㎜f1.4作例2
パナライカ25㎜f1.4作例3

【Panasonic Leica DG Summilux 25㎜/f1.4 ASPH./仕様】

品番:H-X025
レンズ構成:7群9枚
ナノサーフェスコーティング:あり
マウント:マイクロフォーサーズマウント/金属
画角:47°
焦点距離:25㎜/35㎜換算50㎜
最小絞り値:F16
開放絞り値:F1.4
絞り形式:7枚羽根/円形虹彩絞り
撮影可能範囲:0.3m~
最大撮影倍率:0.11倍/35㎜換算0.22倍
フィルター径:46㎜
最大径:63㎜
長さ:約54.5㎜
質量:約200ℊ
付属品:レンズフード/レンズキャップ/リアキャップ/収納袋

パナライカ25㎜/f1.4ASPH.の感想

購入して4か月、まだまだ使う頻度は高くないですが実際に使ってみた感想を写真(動画の一コマ)を見ていただきながらご紹介していきます。

パナライカ25㎜f1.4作例4

まずは夜景の玉ボケです。
中央付近はきれいな円の玉ボケですが、周辺は形が崩れています。F値と焦点距離の関係性から玉ボケの大きさはそれほど大きくないですね。フルサイズではないのでここら辺は仕方ないと思います。

パナライカ25㎜f1.4作例5
パナライカ25㎜f1.4作例6

夜景で前面に被写体(ピントの合った部分)と背景ボケの二枚の写真。
きれいな玉ボケではないですが被写体の浮き立った感じが素晴らしいですね!一枚目のきたない背景ボケに浮き立った自転車。金属部分の描写が特にいいと思います。

パナライカ25㎜f1.4作例7
パナライカ25㎜f1.4作例8
パナライカ25㎜f1.4作例9

3枚の写真を見ていただきます。
まずは発色の良さ。 色のりの濃さを実感します。ただし中央付近に比べ周辺部分の精細感精密感ははっきり言ってありません。パンフォーカスとして素晴らしいかというとそうでもないですね汗

個人的な感想は
昼夜問わずこの明るい単焦点レンズは使えます。パナライカの発色の良さ色のりの濃さ、作例2でもわかるように夕日の情緒的な描写も可能ですね。あとはパンフォーカスでの周辺の描写はあまいです。以上のことから、私がこのレンズを使いたい場面は昼夜問わず背景ボケの被写体にピントを合わせたい場面ですね。
作例3の”夕日の桜”の情緒や作例5/6の” 夜景の背景ボケに浮き立つ被写体 ”この辺の素晴らしさを実感できました。
色のりはこってりというより”ねっとり”とにじむ感じがあるし、パンフォーカスよりも背景ボケに特化した印象があることから私はこのレンズを【魅惑のねっとりレンズ】と名付けます。

管理人/太郎
管理人/太郎

”魅惑のねっとりレンズ”どう?このネーミングセンスは。。。

愛猫バコ
愛猫バコ

僕にはよくわからないニャ。。。

 

Panasonic Leica DG Summilux 25mm/f1.4 ASPH.のまとめ

● f1.4の明るさはやはり高感度の弱いオリンパスOM-D E-M1 Mark2には使える
● パンフォーカスでは中央に比べ周辺部分はあまい
● 発色、色のりの濃さ、情緒的な表現ができる
● 背景ボケ時の被写体の浮き立つ感じは秀逸である

コメント

タイトルとURLをコピーしました