YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

SONY”RX100Ⅶ”の高速AFはα9相当|史上最強コンデジだ

カメラ/レンズ情報
スポンサーリンク

2019年8月30日にSONYから”RX100Ⅶ”(アールエックス100マークセブン)が発売される

商品名はサイバーショットDSC-RX100M7。RXシリーズの最新機種だ。前の機種RX100Ⅵが2018年6月22日に発売されているので1年と数か月での新機種発表というのは非常に早く感じる。

静止画/スチルでも動画でも好評を得ているこの高級コンデジ。今回はどんなカメラに仕上がっているのか早速見ていきましょう!

管理人/太郎
管理人/太郎

ポケットに収まるコンパクトさで静止画、動画共に高性能のRXシリーズはほんと人気で私も注目している機種なんだよね!

愛猫バコ
愛猫バコ

今回の”RX100Ⅶ”はAFが半端なく速いみたいだよ♬


*SONY「RX100Ⅶ」はこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

RX100Ⅶの製品特徴とスペック

現在発表されているRX100Ⅶの製品特徴とスペックをまとめました。

【RX100Ⅶの製品特徴とスペック】
● 製品名:サイバーショットDSC-RX100M7
● 価格:14万~15万円予定
● 発売日:2019年8月30日予定
● センサーサイズ:1.0型センサー
● 焦点距離:24-200㎜(35㎜換算)相当
● 開放F値:F2.8-4.5
● レンズ:ZEISS/バリオゾナーTレンズ
● AF性能:世界最速0.02秒高速AF
● 撮像エリア:約68%カバー(世界最多357点像面位相差AF+425点コントラストAF)のファストハイブリットAF
● 最短撮影距離:広角端24㎜で8㎝
● リアルタイムトラッキング:静止画と動画で使用可能
● リアルタイム瞳AF:静止画と動画で使用可能
● 動物瞳AF:静止画のみ使用可能
● チルト式液晶モニター:上方向に180度/下方向に90度
● マイク端子:RXシリーズ初のマイク端子
● 電子ビューファインダー:ワンプッシュアクセスEVF
● 4K動画:4K30pでの動画撮影可能
● LOG撮影:ピクチャープロファイル使用可能
● 手振れ補正:静止画で補正効果4.0段分の光学式手振れ補正/動画で4Kアクティブ手振れ補正(連続撮影時間は約5分)
● 連続撮影時間:動画撮影で30分制限なしの連続動画撮影可能
● その他:インターバル撮影/最高960fps(40倍)スーパースローモーション撮影可能
RX100VII(DSC-RX100M7/RX100M7G) | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー
ソニー デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット 公式ウェブサイト。デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショットRX100VII(DSC-RX100M7/RX100M7G)の商品ページです。

RX100Ⅶの感想と評価のまとめ

発売前ですけどスペックから見た感想と評価をしたいと思います。

まずはSONYの”α9”相当の0.02秒高速AF/秒間20コマの高速連射がすばらしい!

高級とはいえ、コンデジがフルサイズミラーレスの”α9”と同等の高速AFを実現しているところは一番の注目。さらには”ブラックアウトしない”というのだから驚きだ。

リアルタイム瞳AFも静止画、動画共に使えるし相変わらずAFはピタッと合う。SONY機では好評の”リアルタイムトラッキング”も使え、液晶モニターをタッチしてトラッキングできるのは非常に使い勝手がいいだろう。

動画性能としては好評の”ピクチャープロファイル”でカラグレもできるし、4k動画さらには手振れ補正もついている。大事なところはきちんと押さえている印象がある。

チルト式液晶モニターで自撮り撮影ができ、今回からマイク端子が付くことから”V-log用カメラ”としても使い勝手がいいだろう。コンパクトだしジンバルに乗せてもブレのない安定した映像が撮れるだろう。

あとは焦点距離が換算24-200㎜相当ということで、前の機種RX100Ⅵの高倍率ズームを踏襲している。個人的には”2本分のズームレンズ域をカバーしている”ところは非常に好感が持てる。

一方で気になる点もある。

筐体が小さいため、やはり気になるのが発熱問題だ。4K撮影ができても長尺動画が撮影できても”熱暴走”が起きてしまっては意味がない。過去の機種(RX100Ⅵ)でも熱問題は重大な課題の一つだったので今回も危惧されるところでしょう。

価格14-15万円(予定)というのも気になる。高性能のカメラだがあくまで1.0型センサーのコンデジだ。コンデジにこの値段はどうしても二の足を踏んでしまう。
この値段ならばAPS-C機のα6500やα6400とレンズ一本くらいが余裕で買える。センサーサイズが1.0型とAPS-C。後者に軍配が上がってもおかしくないだろう。


管理人/太郎
管理人/太郎

最近のSONYの躍進ぶりは凄まじいね!フルサイズにAPS-Cにコンデジと軒並み高性能なカメラを発表しているじゃん。。。

愛猫バコ
愛猫バコ

頑張ってお金貯めときニャよ。。。太郎さん!!


*SONY「RX100Ⅶ」はこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました