YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

【最新版】動画撮影に強いコンデジ3選|おすすめの高級コンデジは?

カメラ/レンズ情報
スポンサーリンク

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)とは「価格が安く、軽量コンパクト、画質もそこそこ良い」というのが一般的に知られていると思うが、今やその領域がスマホに取って代わられようとしている。

写真/静止画においては僅差だが、こと動画/映像においては”カメラ”という枠組みにあるコンデジにはまだまだ適わない。カメラには画質の良さを決定づける”センサーサイズ”というのがあり、スマホで使われる1/3型センサーと一般的にコンデジ(高級コンデジ)に使われる1型センサーとは歴然の差があるのだ

カメラにはイメージセンサーというのがあり、そこに光を取り込んで情報を感知し映像化するのだが、このセンサーが大きい方が多くの情報を取り込むことができる。このセンサーサイズの違いで「ディテールの描写」「暗所の画質」「背景のボケ」「諧調の豊かさ」などを含む、いわゆる”画質”に差が出るのだ。

そこで今回は動画撮影に特に強いコンデジ(高級コンデジ)3点をご紹介したいと思います。


ミラーレス一眼みたいな一眼カメラは敷居が高い。でもスマホじゃ物足りない。でも動画をきれいに撮りたいんだ!そんな方に向けた記事となります。ぜひご参考に。。。
愛猫バコ
愛猫バコ

今回は”10万円くらい”の高級コンデジをご紹介しますニャ♬


*高級コンデジSONY「RX100M7」はこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

動画撮影に強いコンデジ3選

SONY RX100M5A

RX100Mark5A

一つ目はSONY RX100M5Aです。2019年8月30日にRX100M7が発売予定ですが、今回は現行で発売されているものでかつ価格10万円前後というくくりなので、あえてRX100M5Aにしました。

動画に強いコンデジとして認知されているRX100シリーズだがM6に関しては発熱問題もあり、あまりおすすめしません。M5Aはその前の機種となります。特徴を簡単に見ていきましょう。

SONY RX100M5Aの概要
● 価格:97,100円
● 発売日:2018/7/7
● センサー:1型CMOSセンサー
● 有効画素数:約2010万画素
● 焦点距離:24-70㎜(35㎜換算)
● 光学ズーム:2.9倍
● 開放F値:f1.8-2.8
● 重量:272g
SONY RX100M5Aの強み/動画性能
1、AF性能:世界最速0.05秒の高速AFと315点AFセンサーによるAF範囲で乱れのないAF性能
2、手振れ補正:インテリジェントアクティブ手振れ補正は超強力
3、ピクチャープロファイル/PP:PPで映像をクリエイティブに制作でき、映像作品つくりに特化している

【SONY RX100M5Aをおすすめする理由】

何といってもAFの速さと強さ、ミスのないAF性能は他を圧倒する。クロップはするが手振れ補正も最先端を行っている。またピクチャープロファイルを使えることで、映像作品つくりがしたい方には凝ったプロ顔負けの編集ができるのがいい。開放F値が1.8と明るく暗所でも強みを発揮できるだろう。

欠点は液晶が可動式でないのとマイク端子が付いてないくらい。
凝った画作りがしたいヘビーユーザーにおすすめの高級コンデジだと思います。

*SONY RX100M5Aはこちら↓

Canon G7XMark3

G7XMark3

二つ目はCanon G7XMark3です。2019/8/1に発売されたばっかりのG7Xシリーズの最新機種だ。
ここで最新機種を持ってくるのもなんだが、現行販売中で10万円前後ということでOKとしましょう。

Canon G7XMark2の頃から写真/動画の両方に高機能を盛り込んでいて、動画機としての人気が高かったシリーズになります。 その最新機種Mark3はさらに動画に高機能が追加されている。

Canon G7XMark3の概要
● 価格:99,900円
● 発売日:2019/8/1
● センサー:1型積層型CMOSセンサー
● 有効画素数:約2010万画素
● 焦点距離:24-100㎜(35㎜換算)
● 光学ズーム:4.2倍
● 開放F値:f1.8-2.8
● 重量:304g
Canon G7XMark3の強み/動画性能
1、24-100㎜相当のレンズ:広角から標準域の4.2倍のズームレンズ搭載
2、マイク端子/チルト液晶:自撮り動画にとって不可欠な機能
3、手振れ補正:5軸手振れ補正と自動水平補正で非常に強力補正

【Canon G7XMark3をおすすめする理由】

前の機種Mark2から動画性能がかなり進化している。特にマイク端子と自撮りできるチルト液晶、更にタッチパネル液晶と自撮り機能に特化した形となる。また手振れ補正も強力でSONYのRX100シリーズと遜色ない。

AF性能は多少迷う場面があり強みとは言えないが、開放f1.8の明るいレンズと24-100㎜の高倍率ズームは標準以上の機能を満たしている。最新機種だけに全てにおいてスペックは高い。ライトユーザー向けの旅カメラとしておすすめしたい。

*Canon G7XMark3はこちら↓

Panasonic LX100Mark2

LX100M2

三つ目は迷いました。Panasonic LX100Mark2はいかがでしょうか。2018/8月に発売されたPanasonicの高級コンデジです。好評だったLX100の新機種で価格も10万円前後と他の2機種にそろえた形だ。

LX100シリーズはセンサーサイズがマイクロフォーサーズということで、コンデジでは珍しく大きめのセンサーを積んでいる。つまりこのシリーズは”画質”に特化したカメラである。

Panasonic LX100M2の概要
● 価格:99,860円
● 発売日:2018/8/23
● センサー:4/3型高感度MOSセンサー
● 有効画素数:約1700万画素
● 焦点距離:24-75㎜(35㎜換算)
● 光学ズーム:3.1倍
● 開放F値:f1.7-2.8
● 重量:392g
Panasonic LX100M2の強み/動画性能
1、ライカDCレンズ:開放F値1.7と明るいライカブランドのレンズ搭載
2、センサーサイズ:4/3型高感度MOSセンサー搭載でコンデジで高画質な描写を可能に
3、ダイレクト操作:物理ボタンとダイヤルで露出のすべてを操作できるUIの良さ

【Panasonic LX100M2をおすすめする理由】

やはり4/3型高感度MOSセンサーサイズからの”高画質な描写”が強みです。他の2社は1型センサーなのでミラーレス一眼並みの高画質でディテールや背景ボケ、広いダイナミックレンジを実現できる。ライカブランドの明るいレンズでとにかく描写力に特化した高級コンデジなんです。

しかし弱みとしては他2社に後れをとる手振れ補正機能、背面液晶が固定、マイク端子なし。三脚やジンバルありきでじっくりと風景の動画撮影をしたい方におすすめしたい。画質はNO1で間違いない。

*Panasonic LX100M2 はこちら↓

その他、高級コンデジをご紹介

その他にも動画機として買っても損はない機種を2点ご紹介します。

SONY RX100Mark7
2019/8/30に発売予定の最新機種で間違いなく素晴らしいカメラです。今回紹介したMark5より焦点距離が24-200㎜(35㎜換算)と大幅に広くなり、AF性能は相変わらず最高峰だ。ただ値段は14万円前後となる。

Panasonic LX9
LX100M2と違うところはセンサーが1型となり画質が劣る点。良くなった点としては背面液晶がチルト式で自撮りができる点と開放F値1.4とより明るい点さらに5軸手振れ補正でLX100M2よりは補正は良くなってる。値段も72,299円と割安だ。

管理人/太郎
管理人/太郎

同じ価格帯のコンデジでも用途によって選択肢が変わるかもね。

愛猫バコ
愛猫バコ

最近人気の動画SNS。スマホじゃ物足りない方は参考にしてくださいニャ♬


*高級コンデジSONY「RX100M7」はこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました