YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

動画編集ソフトFilmora9で動画を映像作品風に編集する方法

編集作業のやり方
スポンサーリンク

自分で動画撮影したものを「映像作品風」に仕上げたい!なんて考えたことはないですか?
なんだか難しそうって思っていませんか?

いいえ、実は簡単にできるんです!

今回は動画編集ソフト”Filmora9”で簡単に「映像作品風」に仕上げるやり方をご紹介します。先に簡単に言いますと、撮影した動画素材に編集ソフト”Filmora9”上でプリセットされているLUTを適用して色加工(カラーグレーディング)します。

愛猫バコ
愛猫バコ

今回は動画編集について教えてくれるんだニャ♬

今回の記事では動画編集ソフト”Filmora9”を使ってカラーグレーディング(カラグレ)し、簡単に「映像作品風」に仕上げるやり方をご紹介します。


*動画編集ソフト「Filmora9」はこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

動画編集ソフト”Filmora”の基本的な使い方

まずは簡単にFilmora9の基本的な使い方をご紹介します。
詳しくはまた別の記事でいずれご紹介します(^-^;

1、Filmora立ち上げ画面

1、Filmora9を立ち上げるとこういう画面が出ますので「高度編集モード」をクリックして動画編集画面へ。


2、撮影した素材をFilmoraに取り込む

2、撮影してきた動画素材をD&D(ドラッグ&ドロップ)でFilmora9に取り込みます。


3、動画素材をタイムライン上にドラッグ&ドロップ

3、編集したい素材をタイムライン上にD&Dして編集していきます(編集の詳しいやり方は別の記事で…)。このタイムライン上に上がった動画素材をクリックし、いよいよ「カラグレ」していきます。


動画編集ソフト”Filmora”でカラーグレーディング

それではカラグレしていきます。
今回は簡単に”Filmora9”にプリセットされている”LUT”を各素材に適用して色味を変更していきます

1、タイムライン上の動画素材を選択

1、まずはカラグレしたい素材をタイムライン上から選択/ダブルクリックする。


2、適用できるLUTのリストが出る

2、するとFilmora9にプリセットされているLUTのリストが出現する。


3、LUT(007Series)を選択

3、試しに【007Series】というLUTを選択/クリックすると…


4、LUTが適用され色味が変わる

4、LUT【007Series】の色味が動画素材に適用されて色味が変わった。


5、暖色系の色味のLUTもある

5、いろんなLUTを試して、自分の好みの色味を探しましょう!決まったらOKをクリックして決定。


LUTでカラグレした映像のビフォーアフター

それでは大阪の難波で動画撮影してきた24秒の映像(8秒×3カット)をカラグレする前と後とで比べてみましょう。カラグレ映像のビフォーアフターです。


①まずは元素材の映像です↓


②LUT(007Series)の映像です↓


③LUT(warm film)の映像です↓

あとは自分の好みです。
自分の目指している色味で映像作品として仕上げてください。映像作品は本来クリエイティブなものです。正解も不正解もなく”自由”なんです。いわば自分の選んだ色味こそ正解であり、あなたの”映像作品”なのです!

管理人/太郎
管理人/太郎

今回使用した動画編集ソフト「Filmora9」は非常に簡単に編集できる”初心者向け”のソフトになります。コスパもいいので是非ご購入を検討してください!

愛猫バコ
愛猫バコ

ふ~ん、簡単に”シネマ風の映像”が作れるんだニャ!

Filmoraで動画編集した映像作品「NAMBA」

以上、簡単にFilmora9でのカラグレの仕方をご紹介してきました。

それでは最後にYouTubeにアップした映像作品【NAMBA】/Bacochannelをご覧ください。

YouTube/Bacochannel【NAMBA】


*Filmora9の基本的な使い方はこちら↓


*動画編集ソフト「Filmora9」はこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました