YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

動画編集ソフトFilmora9で動画編集|基本的な使い方を解説

編集作業のやり方
スポンサーリンク

今回は動画編集ソフト”Filmora9”(フィモーラ9)の基本的な使い方をご紹介します。

動画編集ソフト”Filmora9”は非常に簡単に操作でき、初心者向けの動画編集ソフトになります。まだ動画編集ソフトを持ってない方は是非この記事を読んで、ご購入を検討してください。

愛猫バコ
愛猫バコ

編集ってなんだか難しそうだニャ。。。

この記事では動画編集ソフト”Filmora9”の基本的な使い方を解説しています。画像を使っての解説となってますので初心者の方にも分かりやすい内容となっています。


*”Filmora9”のwindows版/個人向けはこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

動画編集ソフト”Filmora9”の使い方

Filmora9に撮影した動画素材を取り込む

1、Filmora9の立ち上げ画面

1、Filmora9を立ち上げるとこの画面が出ます。
通常は高度編集モードから編集画面に入ります。編集途中の続きをやる場合は右上の「最近使用したファイル」から編集画面に入ります。

2、動画素材をFilmora9に取り込む

2、撮影してきた動画素材を必要な分だけFilmora9に取り込みます。
ドラッグ&ドロップで張り付けるか、「追加」→「メディアを選択」で動画素材を取り込みます。

3、取り込まれた動画素材とタイムライン

3、画面上部にあるサムネイルが取り込まれた”動画素材”で、画面下部の時系列表を”タイムライン”と言います。
実際の動画編集作業は画面下部のタイムライン上で編集作業をします。なので編集するときは上部のサムネイルをタイムライン上に乗せることから始まります。

4、タイムライン上に動画素材をのせる

4、編集する動画素材をタイムライン上にドラッグ&ドロップしていきます。
タイムラインの”一段目”が動画素材を乗せるスペースになります。勝手にくっついて一本の動画になります。
今回は動画素材4つを編集していきます。

動画編集ソフトFilmora9でカット編集をする

1、タイムライン上の要らない部分にあわせる

1、まずは動画編集の基本である”カット編集”をしていきます。
【カット編集とは動画素材の要らない部分を切り取って、要る部分をつなぎ合わせる編集方法】

タイムライン上の”白い縦線”を任意の位置にスライド(ドラッグ)させて”要らない位置”にもってきます。

2、ハサミボタンをクリックでカットする

2、白い縦線の位置が決まったら、矢印の「ハサミボタン」をクリックします。
すると白い縦線のところで分断されます。一つの動画素材が”独立した二つ”に分断されたということになります。

3、さらに要らない部分にカット

3、この動画素材の後半部分も要らないところがあるんで、分断したい位置に白い縦線をドラッグし「ハサミ」で分断します。これで一つの動画素材を三つに分断したことになります。

4、要らない部分を右クリックして削除

4、要らない部分にカーソルをもっていき右クリックします。
「削除」をクリックするとタイムライン上から要らない部分が削除されました。

5、要らない部分が消えた

5、要らない部分が削除されると、うしろの部分が勝手にくっつきます。

6、さらに要らない部分を削除

6、後半部分の要らない部分も同様に削除します。
これで要らない部分が削除され、要る部分だけがタイムライン上に残りました。

7、この部分(カット)を前に移動

7、では、今の要る部分の動画素材を「タイムラインの”前の方”に移動したい」とします。

8、D&Dでタイムラインの前に移動

8、その動画素材をタイムライン上の”任意の位置”までスライド(ドラッグ)させます。

9、タイムラインの順番が変わった

9、するとタイムライン上で4番目だった動画素材が2番目の位置に移動しました。
素材同士が重なることなく、隙間に割り込んだような感じになりますね!

Filmora9で動画の音量や色味を編集する

動画素材の”音量”を編集する/ボリューム調整する

1、音量を調整したい部分をダブルクリック

1、撮影してきた動画素材の音量/ボリュームを調整します。
タイムライン上の動画素材をダブルクリックします。

2、オーディオを選択し音量調整

2、すると画面上部がその動画素材の「設定画面」に切り替わります。
ビデオ/オーディオ」のところを「オーディオ」にすると”ボリューム”や”フェードイン/アウト”の設定などができます。ボリュームのデフォルト設定は”100”になっています。

【フェードインとはだんだん音が大きくなる効果で、フェードアウトはだんだん音が小さくなる効果です】
設定が終わったら「OK」をクリックします。

動画素材の”色味”を編集する/3DLUTを適用する

1、ビデオ/オーディオでビデオを選択

1、「ビデオ/オーディオ」を「ビデオ」にすると動画素材の”色味”を変えることができます。
今回は「3DLUT」を適用して動画素材の色味を変えたいと思います。

2、3DLUTタブを開く

2、「3DLUT」のタブを開けるとプリセットされた”LUTのリスト”が出現します。
どれが好みかいろいろ試してみましょう!「右上のプレビュー画面」に反映されるので確認できます。変な”ノイズ”が出てないかは要チェックです!

3、プリセットされたLUTを選択

3、試しに「007Series」LUTを選択(クリック)しました。

4、プレビュー画面の色味が変わる

4、右上のプレビュー画面を確認。
色味が”青みがかった感じ”に変化しましたね!

5、どんな色味かプレビュー画面で確認

5、試しに「Warm Film」LUTをクリックすると…
色味が暖色系に変化しました。色味というのは個性であり自由なので、あなたの”好み”で決定してください!

*さらに詳しく3DLUTについて解説しています↓

Filmoraに音楽ファイルを取り込み編集する

1、Filmoraに音楽ファイルを取り込む

1、タイムラインのすぐ上にある「メディア」をクリックします。
画面の上の方にある「追加」をクリックし、取り込みたい”音楽ファイル”を選んで「開く」をクリック。

2、音楽ファイルが取り込まれた

2、すると画面上部のサムネイルの中に”音楽素材”が追加されました。

3、音楽ファイルをタイムライン上にのせる

3、音楽素材をドラッグ&ドロップしタイムライン上に乗せます。
音楽素材のタイムラインは4段目と5段目の”♬マーク”のスペースになります。基本的には4段目に乗せます。もし”2曲”を重ねたい時はさらに5段目に乗せましょう!

音楽素材のカット編集は動画素材と同じやり方で行います。

4、ダブルクリックで音量調整

4、タイムライン上の音楽素材をダブルクリックすると画面上部が「音楽設定メニュー」に切り替わり、ボリュームやフェードイン/アウトの設定ができます。
設定の仕方は動画素材のオーディオ設定と同じやり方です。

Filmora9で動画にテキストを挿入する

1、テキストクレジットをクリック

1、テキスト/文字を挿入していきます。
タイムラインのすぐ上の「テキストクレジット」をクリックします。画面上部にテキストやクレジットのプリセットが表示されます。

2、プリセットされたテキストをD&D

2、左には「タイトル」や「テロップ」などメニューが区分けされており、それぞれにいろんなプリセットがあります。画面上部に表示されてるプリセットをクリックすると右上のプレビュー画面で確認できます。

気に入ったものをタイムライン上にドラッグ&ドロップし乗せましょう。
テキスト/クレジットは3段目の”Tマーク”のスペースになります。

3、タイムライン上のテキストをダブルクリック

3、書体や文字の大きさ、配置場所、効果などを編集したいときはタイムライン上をダブルクリックします。

すると画面上部がテキスト/クレジットの設定画面に切り替わります。

4、テキストの書式や配置/時間を設定

4、左の設定欄で”文章”や文字の”陰影”などを設定し、上にあるメニューバーで”フォント”や文字の”大きさ”を設定します。さらに”テキスト用のタイムライン”で表示時間などを設定し、随時中央の”プレビュー画面”で確認しましょう!

5、さらにテキストを挿入

5、動画の”エンディング”にもテキストやクレジットを挿入すると映像作品として締まります。

Filmora9で黒帯/シネマスコープを挿入する

1、オーバーレイをクリック

1、シネマ風の黒帯(シネマスコープ)を挿入したい。
【シネマスコープとは映像の上下に「黒帯」を付け加えることにより、フィルム時代の映画のような昔の”シネマチックな風合い”を醸し出せる

タイムラインのすぐ上の「オーバーレイ」をクリックすると、オーバーレイのプリセットが画面上部に出現します。

2、Cinema21:9をタイムライン上にD&D

2、その中の「Cinema21:9」をタイムライン上にドラッグ&ドロップします。
オーバーレイは2段目の”□□マーク”のスペースになります。

3、ダブルクリックで黒帯を微調整

3、タイムライン上でドラッグし長さ調整をし、ダブルクリックすると画面上部が黒帯の設定画面に切り替わり、”黒帯の幅”が調整できます。基本的に【-8か-10】辺りがしっくりきます。

Filmoraでトランジション/フェード効果を付ける

1、トランジションをクリック

1、トランジション(動画素材の”接続部の効果”)をつけて映像を”演出”します。
今回は動画の最後に”Fade/フェード”の効果をつけていきます。

タイムラインすぐ上の「トランジション」をクリックすると、プリセットされたものが画面上部に出現します。

2、Fadeをタイムライン上にD&D

2、その中の「Fade」をタイムライン上にドラッグ&ドロップします。
トランジションはタイムライン一段目の動画素材のスペースに”重ねて”いきます

見た目にトランジションの”効果”がのっかってるのが分かりますね!

3、ダブルクリックでフェード効果を微調整

3、ダブルクリックするとトランジション/Fadeの”効果の設定画面”が現れます。
Fade効果の長さなどを設定できます。Fadeの効果は長さで大きく印象が変わりますので、随時プレビュー画面で確認しましょう!

4、フェードの秒数を調整

4、今回は4秒に設定しました。デフォルトは2秒なので、より”ゆ~っくりフェードアウト”していく印象になりました。【映像作品の”ラスト”は音もフェードアウト、映像もフェードアウトにしておくと映像作品として締まりますよ!】

Filmoraで動画編集しエンコード/書き出しする

1、ファイル→名前を付けて保存

1、動画編集が終わったら「ファイル」をクリックし「名前を付けて保存」を編集データが消えないようにします。【編集の途中でも、随時”保存する”のが精神衛生上いいかもしれませんね!

2、作成をクリック

2、保存したらタイムラインすぐ上の「作成」をクリックします。

3、エンコード(圧縮)の設定

3、すると”エンコード(圧縮)”の設定画面が出現します。
まずファイルの名前を入力します。次に【詳細設定】をクリックすると”詳細設定”画面が出現します。

詳細設定は「品質」と「ビデオ」の設定だけ確認しましょう。オーディオはデフォルトでOKです。

4、解像度を設定

4、品質は「最高品質」でOKです。データが重くなるのがよほど嫌なら「高品質」でもよい。

*ビデオはこんな感じで設定します↓

●エンコーダー:H.264(HD Optimized)←デフォルトでOK
●解像度:撮影した動画素材の解像度に合わせる→4K(3840×2160)撮影なら(3840×2160)でOK
●フレームレート:撮影した動画素材のフレームレート/fpsに合わせる→同上の考えでOK
●ビットレート:80000kbps→データが重くなるのが嫌なら下げてもよい
5、フレームレートやビットレートを設定

5、撮影してきた動画素材が例えばFHD(1920×1280)の120pで、これを”4倍スローモーション”の映像にしたいのならばフレームレートは30fpsか29.97fpsにしましょう。
【スローモーション映像をする予定がない人は基本的に”動画素材と同じ”でいいです!】

6、設定終わったら作成をクリック

6、形式はMP4でOKです。
エンコード(圧縮)の設定が終わったら「作成」をクリックし”書き出し”を開始します!

7、書き出し開始→完了

7、書き出し/変換が完了すると「閉じる」をクリックします。

これでFilmora9での動画編集が終了しました!

管理人/太郎
管理人/太郎

今回は動画編集ソフトFilmora9の基本的な使い方を解説してきました。トランジションBGMをこだわると「オシャレな映像作品」が作れますよ♬

愛猫バコ
愛猫バコ

初心者の方でもいろいろ試してチャレンジしよーニャ!


*”Filmora9”のwindows版/個人向けはこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました