YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

fps/フレームレートとSS/シャッタースピードの違いと関係性

カメラの基礎知識
スポンサーリンク

写真や動画/映像の世界でよく耳にするfps(フレームレート)とSS(シャッタースピード)
分かってるようでいて説明しにくいカメラ用語だと思います。

今回はfps(フレームレート)とSS(シャッタースピード)について解説していきます。

愛猫バコ
愛猫バコ

太郎さんの”カメラ用語”講座ってところかニャン♬

この記事ではカメラ用語の【fps/フレームレート】と【SS/シャッタースピード】について解説しています。fpsとSSの「意味」はもちろん、「違い」と「関係性」についてもご理解いただける内容になっています。


*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

fps(フレームレート)とSS(シャッタースピード)の違い

fps/フレームレートとは何か?

30fpsとか60fpsとか__fpsという表記をカメラを扱っているとよく目にします。
「エフピーエス」とか「フレーム」とか「フレームレート」とか色んな呼ばれ方をするんですが、意味は同じです。この呼び名が様々なのが話をややこしくしています…

fps=frames per second/フレーム パー セカンド

つまり【1秒間の映像に何枚のフレーム(静止画)が使われているか】を表しているのです。
30fpsなら1秒間の映像に30枚の静止画が使われている。
60fpsなら1秒間の映像に60枚の静止画が使われている。ということになります。

よくパラパラ漫画に例えられます。
1枚1枚の絵をパラパラとめくると一つの動く映像になりますね。
カメラも同様で、1枚1枚の写真/静止画を連続的に見せると一つの動く映像になるのです。

この静止画のことを「フレーム」と言います。
分かりやすく言うと「フレーム」=「写真」です。

では、使われている静止画の枚数によって何が変わるのか?
答えは簡単ですね。
【映像の滑らかさ】です。

30fps(30枚/1秒間)と60fps(60枚/1秒間)とではどちらが滑らかですか?
答えは簡単ですね。
60fps(60枚/1秒間)の方が30fps(30枚/1秒間)より2倍滑らかです。

*fpsとは【映像の滑らかさ】を意味しているのです。

SS/シャッタースピードとは何か?

カメラ/撮影においてシャッタースピードというのは露出を決めるのに大事な項目の一つです。
露出とは光の量のことで、露出を決めるためには「絞り」と「シャッタースピード」と「ISO感度」を設定しなければなりませんからね。
シャッタースピードは「SS」と表記されます。

では具体的にシャッタースピード/SSとは何か?
SSとは【1枚の写真(静止画)を撮るのに、どれくらいカメラのシャッターを開けているか(録画しているか)】を表す値になります。

SS:1/30秒とは1/30秒間シャッターが開いていること
SS:1/120秒とは1/120秒間シャッターが開いていること
SS1/30秒はSS1/120秒に比べてシャッタースピードが4倍遅いということになります。

つまり「4倍多くの光を集めることができると」いうことです。

どれくらい開けるかによって光の量/露出も変わってきます。
SSは「絞り」や「ISO感度」との兼ね合いもありますが基本的に自由に設定できます。

*SSとは【1枚の写真をどれくらいの速さで撮るか】を意味しています。

fps(フレームレート)とSS(シャッタースピード)の関係

SS(シャッタースピード)の下限は?

SSは「絞り」や「ISO感度」との兼ね合いもありますが基本的に自由に設定できます。
とは言いましたが…実は
SSの下限(最低ライン)は決まっています。

fps(フレームレート)によって下限(最低ライン)が決まるのです

fpsとは【1秒間の映像に何枚の写真(静止画)が使われているか】に対し
SSとは【1枚の写真(静止画)を撮るのに、どれくらいカメラのシャッターを開けているか】

各フレームに1回はシャッターを切る必要があります。
1秒間に30フレームなら最低30回はシャッターを切ることになります。

当たり前ですよねフレーム/写真はシャッターを切らずには撮れませんから。

つまり「30fpsなら最低1/30秒のシャッタースピード」になります。(図①参照)

図①

以上SSの下限(最低ライン)はfps(フレームレート)によって決まっているという話でした。

SS(シャッタースピード)の上限は?

では、SSの上限(最大ライン)はどうなのか?
実はこれもある程度基準が決まっています。

SS/シャッタースピードの適した値は
【fps/フレームレートの2倍をSS/シャッタースピードにする】
30fps→SS1/60秒
60fps→SS1/120秒
24fps→SS1/48秒(ない時は近似値の1/50秒に)

基本的に上限は自由ですが一応こういう「基準」あります。
この「基準」とは?
先に答えを言うと【動きのブレ】です。

この「動きのブレ」が一番リアルなのが上述した【fps/フレームレートの2倍をSS/シャッタースピードにする】なのです。つまり…
30fpsならSS1/60秒が一番リアルなブレをする
60fpsならSS1/120秒が一番リアルなブレをするのです。

「動きのブレ」のことを「モーションブラー」とも言います。

以上SSの上限(最大ライン)はfps(フレームレート)の”2倍”の値が基準になる話でした。

SS(シャッタースピード)によるブレの違い

SS(シャッタースピード)の基準はfps(フレームレート)の”2倍”であると説明しました。
ではSSによる「動きのブレ」について深堀していきましょう。

FHD(1920×1080)動画を30fpsで動画撮影したとします。
SSの基準でいえばSS1/60秒になります。
SS1/60秒で撮るとリアルな「動きのブレ」が生じます。
では、SS1/800秒で撮るとどうなるでしょう?

先に答えを言うと【ブレのないコマ送りのようなパラパラした動き】になります。
SSが速すぎると「一瞬を切り取るスピードが速くなる」ということですから動きがブレないんです。

全くブレのない映像はリアルじゃないんです!

それでは映像を用意したのでご覧ください。
FHD動画を30fpsで動画撮影しました。
左がSS1/60秒、右がSS1/800秒です。

一時停止すると違いが分かりますね。
左のSS1/60秒はブレています。
右のSS1/800秒はブレないです。

試しに目の前に手をかざし同じように振ってください。おそらくブレ(モーションブラー)が自然に出ていると思います。
*人間の目にはこの”ブレ”が自然/リアルなんです。

fps(フレームレート)とSS(シャッタースピード)のまとめ

今回は難しい話をしてきましたが、動画撮影をやる上で大事なことでもあります。
最後にfps(フレームレート)とSS(シャッタースピード)についてまとめておきましょう。

管理人/太郎
管理人/太郎

難しい内容でしたね。下に”ポイント”をまとめたので赤字のところだけでも覚えて帰ってください!


【fps(フレームレート)とSS(シャッタースピード)のまとめ】
●fps=frames per second/フレーム パー セカンド
fpsとは1秒間の映像に何枚のフレーム(静止画)が使われているか
●1枚1枚の写真/静止画を連続的に見せると一つの動く映像になる
●fpsとは【映像の滑らかさ】を意味している

●シャッタースピードというのは露出を決める大事な項目
●シャッタースピードは「SS」と表記
SSとは1枚の写真(静止画)を撮るのに、どれくらいカメラのシャッターを開けているか
●SSとは【1枚の写真をどれくらいの速さで撮るか】を意味している

●fpsによってSSの下限(最低ライン)が決まるのは、各フレームに1回はシャッターを切る必要があるから
fpsの2倍をSS/シャッタースピードにすると「動きのブレ」が一番リアルになる
●「動きのブレ」のことを「モーションブラー」とも言う
●SSが速すぎると一瞬を切り取るスピードが速くなりブレのない映像になる
●人間の目にはこの”ブレ”が自然でリアルである


*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました