YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

風景の動画撮影「パンフォーカス」の注意点とコツ|主題は全ての景色

動画撮影のやり方
スポンサーリンク

風景の動画撮影していますか?

秋は空も高くなり「青空をいっぱい取りこんだ風景」の映像は見ていて気持ちいいです。

とりとめもない景色から地方の景勝地。いいですね!

今回は「パンフォーカス」での動画撮影について解説していきます。

管理人/太郎
管理人/太郎

ミラーレス一眼カメラは「ボケさせる」だけが能じゃないんです。

愛猫バコ
愛猫バコ

「めいっぱいの景色」を見たいときもあるもんニャ♬

この記事を読んでいただくと「パンフォーカスで風景写真や風景動画」を撮りたくなります。秋の景色は空が高くて気持ちいいですよ~♬


*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

パンフォーカスで動画撮影

パンフォーカスとは?

パンフォーカスとは「手前から遠くまで”景色の全てのもの”にピントが当たっている」撮り方です。

ミラーレス一眼を持つとどうしても「ボケ」を試したくなるものです。

主題にピントを合わせ、それ以外の背景をボケさせる。スマホやコンデジではできない「ボケ」で撮影するとなんだかカメラが”上手くなったような気”にもなりますからね…汗

しかし、風景撮影では手前の花や草木から遠くの景色や雲までバッチリ撮りたくなる時があります。

風景撮影では「すべてが主題」の時もあるんです!

パンフォーカス動画撮影の撮り方/絞り

パンフォーカスの動画撮影の撮り方を説明していきます。
風景の全てのもの(手前から遠く)にピントを合わせる撮り方です。

カメラの設定は…
【絞りを絞って(F値を大きくして)「被写界深度」を広くすることで近景から遠景までピントを合わせる】
逆に絞りを開けると(F値を小さくすると)「被写界深度」が狭くなります。 ピントも狭くなりますね!

*下の図をご覧ください
カメラ①:F値(小)⇒被写界深度が狭くピントの範囲も狭い
カメラ②:F値(大)⇒被写界深度が広くピントの範囲も広い
⇒近景から遠景までピントが合ってる!

*被写界深度とは「ピントの合っている範囲」のことです。

パンフォーカス動画撮影の撮り方/レンズ

パンフォーカスで動画撮影するときは”風景の多くを画角内に”収めたいので、レンズは「広角(超広角)よりのレンズ」を使用します。

広角レンズとは焦点距離の短いレンズで「焦点距離24㎜(35㎜換算)くらい」で、あるいはそれ以下のレンズになります。ズームレンズよりも単焦点レンズの方が基本的には画質がいいので、できれば「広角の単焦点レンズ」を使いましょう!

パンフォーカス動画撮影/注意点とコツ

パンフォーカスで動画撮影をするときは…
1、絞りを絞って被写界深度をひろくする
2、広角の単焦点レンズを使う

とお話してきましたが、パンフォーカス動画撮影には「注意点とコツ」があります。

1、絞りを絞ると言いましたが、絞りすぎると「小絞りボケ」を起こしてしまい画質が悪くなります。
パンフォーカスはF8~F16くらいに絞りましょう!F20くらいになると画質が悪くなってきます。

*小絞りボケとは「回析現象による解像度の低下」のことです。

2、広角の単焦点レンズを使うと言いましたが、この時できれば三脚に据えて「手振れ補正をOFF」にしてクロップされないようにしましょう!三脚は剛性のある、風に負けない三脚にしましょう!

パンフォーカスで動画撮影まとめ

どうですか?パンフォーカス動画撮影もいいもんでしょう?

注意点とコツもありますので、ぜひ頭にいれておきましょう!
もちろん日中明るい時は「NDフィルタ-」も必要になり、絞りもそれによって再調整が必要だし、パンフォーカスは「構図やアングル」も大事になってきますので、いっぱい歩いて素敵な構図を探しましょう!

最後にまとめておきます。

管理人/太郎
管理人/太郎

パンフォーカスはカメラの基本です。勝負の決め手は「構図とアングル」なんですよ!

愛猫バコ
愛猫バコ

いっぱい歩き回らないといけないニャ~…


パンフォーカス動画撮影まとめ
●パンフォーカスは景色の全てが主題
●絞り(F値)を絞って被写界深度を広める
●F8-16にして小絞りボケには注意
●レンズは広角の単焦点レンズを使う
●剛性のある三脚に据える
●手振れ補正OFFにしてクロップを避ける
●日中明るい時はNDフィルタ-を使う
●歩き回って構図とアングルを決める


*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました