YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

Sony「α6600」を発表!APS-C機「α6500」の後継機

カメラ/レンズ情報
スポンサーリンク

Sonyから新しいAPS-C機のミラーレス一眼カメラ「α6600」「α6100」が発表された。

安価なエントリーモデルの「α6100」
α6400/α6500の後継機にあたる「α6600」

α6100に関しては現行のエントリー機「α6400」に近いスペックで進化した部分とそうでない部分があり価格としてはさらに安くなると思われます。α6400に関してはこちらを参照ください↓

今回は「α6400/α6500」の後継機である「α6600」について深堀していきます。

管理人/太郎
管理人/太郎

SonyのAPS-C機、現行の「α6400」や少し古い「α6500」って人気のミラーレス一眼なんだよ!

愛猫バコ
愛猫バコ

その後継機「α6600」がいよいよ発売されるってことだニャ!

この記事はSonyのAPS-C機「α6600」について書かれています。新発売される「α6600」の詳細な機能とスペックを見ていただいて「買う買わないの判断」をしていただければと思います。


*ソニーα6600はこちら↓

α6600の機能とスペック

現在発表されている気になる機能とスペックを見ていきましょう!

「α6600の機能とスペック」
●使用レンズ:ソニーEマウントレンズ
●撮像素子:APS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)
●有効画素数:約2420万画素
●測距点:425点で位相差AF
手振れ補正:ボディ内5軸手振れ補正あり
ISO拡張:50~102400まで対応
●高速連写:11コマ/秒(AF/AE追従)、静穏モード8コマ/秒
●EVF:235.9万ドット有機EL電子ビューファインダー
●AF機能(写真):動物瞳AF/リアルタイム瞳AF/リアルタイムトラッキング
AF機能(動画):リアルタイム瞳AF/リアルタイムトラッキング
4k30p(動画):4K30フレームレート撮影
●ピクチャープロファイル:(HLG/S-log3/S-log2)
●可動式液晶:チルト式液晶(上方180度)
●端子:マイク端子/ヘッドフォン端子
●Wi-Fi:あり
バッテリー:Zバッテリー対応
●重量:503g

この中でいうと「約2420万画素」や「測距点の425点」さらに「4k30p」や「ピクチャープロファイル」「チルト式液晶」などはα6400とほぼ同じスペックになります。

では次に進化した部分を見ていきましょう!

α6600の進化した部分とは?

「α6600」の進化した部分を見てみると「α6400」や「α6500」の”足りなかった部分がうまく補填されている”ことに気づきます。詳しく見ていきましょう!

「α6600の補填された部分」
1.ボディ内5軸手振れ補正:α6500にはあってα6400にはなかった部分
2、チルト液晶上方180度:α6400にはあってα6500にはなかった部分
3、ピクチャープロファイルPP10:α6400にはあってα6500にはなかった部分

さらに「α6400」や「α6500」にはなかった「α6600」の独自に進化された部分も見ていきましょう!

「α6600の進化された部分」
1、ISO拡張が最低50まで下げられる:日中明るい時も露出アンダーで撮影できる
2、大容量のZバッテリーに対応:今までの倍の容量で安心できる
3、ヘッドフォン端子追加など…

*最後に少し残念な部分としましては「4K60p非対応」ではないでしょうか?
やはり動画撮影を主にやっている私としては4K30pの進化を期待していただけに少し残念に思います。あとは少し重たくなっているところかな。。。

Sony「α6600」のまとめ

以上、「α6600」の機能とスペックを見てきましたが
「α6400」と「α6500」の進化版とはいえ、そこまで注目すべき点はなかったようですね。

基本的にこのカメラは「α6400」と「α6500」の足りなかった機能を”補填”しているカメラという感じではないでしょうか。

なので「手振れ補正がなかったばっかりにα6400をあきらめた人」「180度チルト液晶がなくて残念がっていたα6500を持っている人」に向けたカメラということになるんだと思います。

あとは初めてSonyのAPS-C機を買う方には”必要機能が全部入り”のこのカメラ「α6600」をお勧めしたいと思います!

管理人/太郎
管理人/太郎

注目すべき進化はないにしても「必要機能全部入りのAPS-C機」として十分なカメラだよね!

愛猫バコ
愛猫バコ

あとは値段がいくらなのか?が気になるよニャー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました