YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

NDフィルタ-で動画撮影|NDフィルターで光量(段数)の調整方法

カメラの基礎知識
スポンサーリンク

日中明るい時に動画撮影していると光の量が多すぎて「露出オーバー」になってしまうことがよくあります。

絞りを絞るにしても限度があるし、シャッタースピードは動画なので1/60くらいに固定したいし、ISOも最低感度にしているにもかかわらず、それでも「露出オーバー」になってしまいます。

カメラは【光の量】が重要です!
夜の「暗すぎる」のも問題だし、昼の「明るすぎる」のもまた問題です^^

この”明るすぎる時”に役立つのが【NDフィルター】なのです。

管理人/太郎
管理人/太郎

昼間の動画撮影には絶対「NDフィルター」は必要なんです!

愛猫バコ
愛猫バコ

NDフィルターって何だニャ??

この記事では「NDフィルター」について解説しています。動画撮影において「NDフィルターをどう使えばいいのか?」「光量と段数の関係性とは何か?」がご理解いただけると思います。


*K&Fコンセプト 可変NDフィルター 72㎜はこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

NDフィルターとは?

NDフィルターについて解説

NDフィルター:(Neutral Density)フィルター
→発色に影響を与えることなく光量のみを減少させるもの


つまり日中の明るすぎる”光量を減らす”ためにレンズに装着するフィルターになります。レンズにとっての「サングラス」みたいなものです。

レンズに装着するのでNDフィルターにはサイズが様々あります。購入の際は手持ちのレンズのレンズ径に合ったサイズのNDフィルターを購入しましょう!

NDフィルターと光量/段数の関係

カメラ業界では、明るさ「光量」を単位化しています。
「光量」は「露出値」とも言いますが「段」という単位で表現しています。

●光量が2倍になると→「1段分明るくなる」と言う
●光量が4倍になると→「2段分明るくなる」と言う
●光量が1/8倍になると→「3段分暗くなる」と言う

*光量と段数の早見表はこちら↓

光量と段数の見方
光量1/16倍1/8倍1/4倍1/2倍02倍4倍8倍16倍
段数−4段−3段−2段−1段基準+1段+2段+3段+4段

当然、段数がプラスになると明るくなり、マイナスになると暗くなります。

NDフィルターには濃度でクラス分けされていて「ND2,ND4,ND8,ND16」とあり、それぞれ光量を「1/2,1/4,1/8,1/16」に減少させることができます。

例えば、基準(0)よりも8倍明るい(+3段)時はND8を付けて光量を1/8倍(−3段)にします。これがNDフィルターの基本的な使い方です。

ちなみにND2とND8をくっつけてND16として使うこともできます!

ND2+ND8=ND16完成

可変NDフィルターについて解説

NDフィルターには「一般NDフィルター」と「可変NDフィルター」の2種類あります。

上述した濃度によって「ND2,ND4,ND8,ND16」と個別に売られてるのが一般NDフィルターで、可変NDフィルターは「1枚で濃度を自在に変化できる」ものです。
可変NDフィルターは非常に便利ですが一般よりも高額になります。

可変NDフィルターにもサイズがあります。購入の際はレンズ径に合ったサイズのものを購入しましょう!

*可変NDフィルターとはこんな感じ↓

NDフィルターの使い方

NDフィルターの使い方を映像で解説

それでは実際にNDフィルターを使っていきましょう。

「窓際にグラス」という被写体があります。
日中の光が差し込んで明るすぎますね^^

①設定は(F4.0 SS1/60 ISO200)で露出は+2.0

カメラの設定はこれで行きたいんですが、やはり露出オーバーになってしまいました。
露出+2.0…これを露出±0に持っていきたいんです。

②ここでNDフィルターの登場です。

今回用意したのは「ND8」。つまり光量を「1/8倍に暗くできる」NDフィルターです。
段数でいうと「3段分暗くできる」ということです!

③ND8を付けました。

カメラの設定は変わらず( F4.0 SS1/60 ISO200 )で露出は±0(適正露出)になりました。
光量を3段分暗くすることで露出が+2.0から±0に下がりました。

光量と段数をカメラ設定で調整する

光量(段数)はカメラの設定によって自由に調整させることができる。
カメラの設定(絞り/SS/ISO)で光量(段数)がどう変わるか?見ていきましょう。

NDフィルターで光量/段数を調整する

光量と段数の見方
光量1/16倍1/8倍1/4倍1/2倍02倍4倍8倍16倍
段数−4段−3段−2段−1段基準+1段+2段+3段+4段

光量が2倍になると、1段分明るいということになる。
ND8を使って光量を1/8倍にすると、3段分暗くなる。
ND8とND2を使って光量を1/16倍にすると、4段分暗くなる。

絞り(F値)で光量/段数を調整する

絞り(F値)と段数の見方
F値161185.642.821.41
段数−4段−3段−2段−1段基準+1段+2段+3段+4段
絞り←絞る開放→

例えばF4.0を基準にした場合、1段分明るくしたければF2.8にする。
例えばF4.0を基準にした場合、F11にすると3段分暗くなる。

SS(シャッタースピード)で光量/段数を調整する

SS(シャッタースピード)と段数の見方
SS1/10001/5001/2501/1251/601/301/151/81/4
段数−4段−3段−2段−1段基準+1段+2段+3段+4段
速さ←速い遅い→

例えばSS1/60を基準にした場合、1段分明るくしたければSS1/30にする。
例えばSS1/60を基準にした場合、 SS1/500にすると3段分暗くなる。

ISO(感度)で光量/段数を調整する

ISO(感度)と段数の見方
ISO5010020040080016003200640012800
段数−4段−3段−2段−1段基準+1段+2段+3段+4段
感度←下げる上げる→

例えばISO800を基準にした場合、1段分明るくしたければISO1600にする。
例えばISO800を基準にした場合、 ISO100にすると3段分暗くなる。

F値/SS/ISOで光量/段数を調整する

それではカメラの設定(F値/SS/ISO)で段数を変化させましょう!

「F4.0 SS1/60 ISO200」で適正露出の時
「F2.8 SS1/30 ISO200」にすると。。。
光量は4倍になり2段分露出オーバーになる。

「F8.0 SS1/60 ISO1600」にすると。。。
F値は2段暗くなり、ISOは3段明るくなるから
光量は2倍になり1段分露出オーバーになる。

*ここでND2のNDフィルターを使うと。。。
光量は1/2倍になり、適正露出となる!

動画撮影で光量/段数を調整する流れ

以上「光量/段数」と「F値/SS/ISO」の関係性と「NDフィルター」の使い方について解説してきました。

実際の動画撮影では基本的にSS(シャッタースピード)は1/60なです。なので光量/段数の調整は「F値」と「ISO感度」での調整となります。

ISO感度は最後の最後に調整するものなので、まずはF値での調整となります。「ぼかしたい時」はF値は開放に「パンフォーカスの時」はF値は絞ります。

その時に「露出オーバー」になるならNDフィルターを使うし「露出アンダー」になるならISO感度を上げていきます。

実際の動画撮影ではこういう流れになると思います^^

管理人/太郎
管理人/太郎

今回は一眼カメラのお勉強でしたね!「段数の早見表」はなんとなく頭に入れておきましょう!

 

愛猫バコ
愛猫バコ

太郎さん。。。むずかしいニャ^^

 


*K&Fコンセプト 可変NDフィルター 72㎜はこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました