YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

広角ズームレンズで動画撮影|パースの効いた遠近感で風景に奥行きを

レンズの基礎知識
スポンサーリンク

こんにちは!もうすぐ秋ですね。

空気も澄んで空も高くなり、風景撮影なんかしたくなる季節ですね。

風景撮影には「広角ズームレンズ」がぴったりです。

広大な風景を撮影範囲の広い広角で、しかも便利な広角ズームレンズだと”邪魔なもの”を消したい時、画角を狭めることでフレームアウトさせることもできますからね。

今回は「広角ズームレンズ」について解説していきます。

管理人/太郎
管理人/太郎

私は広角よりの標準ズームレンズ【M.ZUIKO12-40㎜f2.8PRO】を持ってるよ!

この記事を読むと「広角ズームレンズ」の基礎知識と動画撮影における”使い勝手の良さ”をご理解いただけると思います。


*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

広角ズームレンズとは?

広角ズームレンズの焦点距離は?

一眼カメラのレンズには「単焦点レンズ」と「ズームレンズ」の2種類があります。

単焦点レンズには焦点距離によって…
●広角レンズ:35㎜以下
●標準レンズ:35㎜~100㎜
●望遠レンズ:100㎜以上
と区分されています。

ズームレンズでも焦点距離によって区分されています。
●広角ズームレンズ:50㎜未満のズーム域
●標準ズームレンズ:50㎜を含むズーム域
●望遠ズームレンズ:50㎜より上のズーム域

ズームレンズは何㎜~何㎜とある程度の焦点域をカバーしていますので50㎜(35㎜換算)を中心に区分されています。

例えば、私の持ってるマイクロフォーサーズ用レンズ「M.ZUIKO12-40㎜f2.8pro」は「35㎜換算で24㎜-80㎜」になります。50㎜を含みまし”若干広角より”なので【広角よりの標準ズームレンズ】と言います。

またマイクロフォーサーズ用の「M.ZUIKO40-150㎜f2.8pro」は「35㎜換算で80㎜-300㎜」で50㎜より上のズーム域なので【望遠ズームレンズ】となります。

*望遠ズームレンズの記事はこちら↓

広角ズームレンズの効果とは?

広角であるということは…

まず「広角」であるということは…

●広大な風景を「端から端まで広範囲にわたって映し出す」ことができます。
●人間の見た目よりも広範囲の画角になります。「肉眼の視野角は焦点距離35㎜程*」なのでそれ以下の焦点距離では、おそらく人間が普段目にしない印象的な景色になるでしょう!
パース(パースペクティブ)が付きやすく奥行きや遠近感が表現できます。
●パースにより「近景が大きく映り」「遠景が小さく映る」ためダイナミックな映像になります。
●被写界深度が深く、比較的にピントが合いやすい。
●画角内に多くのものを映せる分、逆に「構図力」が問われます。

つまり【広大な風景をダイナミックに】動画撮影できるということです。

*肉眼の視野角35㎜なのでよく集合写真に焦点距離35㎜が使われます^^

ズームレンズであるということは…

続いて「ズームレンズ」であるということは…

●めぼしい構図を決めた後に「任意に画角を調整する」ことができます。
●邪魔なものを任意にフレームアウトすることができます。
●望遠端(テレ端)にすると”ボケみ”*を出すことができます。
●動き回らなくても、ある程度楽に構図が決められて便利です。

つまり【気に入った構図を便利に微調整できる】ということです。

*ボケについての記事はこちら↓

広角ズームレンズで動画撮影

広角ズームレンズの効果については上述した通り【広い画角でパースの効いた遠近感のあるダイナミックな映像】を映し出すことができます。

それでは実際に見ていきましょう。
ちなみに私は広角ズームレンズを持ってないので「広角よりの標準ズームレンズ」を今回使用しています。マイクロフォーサーズ用レンズ「M.ZUIKO12-40㎜f2.8pro」で”35㎜換算24㎜-80㎜”のものになります。

広大な景色を動画撮影

①大阪城公園で広角ズームレンズ
広大な大阪城公園の風景です。園内の人々と遠くに見える大阪城を画角内に収めました。
小絞りボケと下手なパーンですが、多くの情報を一度に映し出すことできました。

パースの効いた動画撮影(屋内)

②京都の詩仙堂で広角ズームレンズ
詩仙堂を室内から庭園側に向けての動画撮影です。パースが効いて「室内の奥行き感」と「畳から天井まで」を映し出してくれます。庭園における定番の構図ですよね!

パースの効いた動画撮影(屋外)

③京都の下鴨神社で広角ズームレンズ
下鴨神社の門をパースを付けて動画撮影しました。大きな門を画角内に収め、その奥行き感もうまく表現できています。広角ズームレンズのパース撮影は画的に落ち着きます。

巨大な建物を動画撮影

④京都の南禅寺で広角ズームレンズ
南禅寺の有名な巨大な三門です。足元からのローアングルでかなりパースが効いています。巨大な三門を見上げるような構図とアングル、さらに人々も画角内に収まりその大きさを表現できました。

背の高いものを動画撮影

⑤京都の貴船神社参道で広角ズームレンズ
貴船神社の参道でのワンシーンです。背の高い杉の木群に圧倒されますね。その背の高さを動画に収めたくて広角ズームレンズを使いました。もう少しローアングルでもよかったかなと…

広角ズームレンズまとめ

以上「広角ズームレンズ」について解説してきました。

風景撮影にはもってこいのレンズだと思います!

少し弱みについても記述しますと…
●単焦点レンズに比べてやや画質は劣る
●単焦点レンズに比べ多少高価になる
●画角が広い分漠然とした構図になりがち

それでは最後にまとめておきましょう!

愛猫バコ
愛猫バコ

太郎さんもちゃんとした広角ズームレンズ買わないといけないニャ!

管理人/太郎
管理人/太郎

財布と相談させてくださ~い。。。

【広角ズームレンズまとめ】
●焦点距離50㎜未満のズーム域をカバーしている
●肉眼(35㎜)よりも広範囲を映し出せる
●パースが効いて奥行きを表現できる
●パースにより近景が大きく、遠景が小さく映せる
●ローアングルでダイナミックな表現ができる
●被写界深度が深く、比較的ピントが合いやすい
●ズームリングで邪魔なものをフレームアウトできる
●風景撮影には非常に便利なレンズである
●画角が広い分多くの被写体が映り構図力が要る
●単焦点レンズよりも高額である
●単焦点レンズよりもやや画質が劣る


*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました