YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

カメラワークで動画撮影|映像で解説「カメラワーク」の使い方とコツ

動画撮影のやり方
スポンサーリンク

動画撮影において「カメラワーク」は大事です。

前回の記事で「カメラワーク」の基本を解説しましたので、今回の記事では実際の動画撮影で活用したカメラワークをご紹介します。

*カメラワークの基本15種類の記事はこちら↓

管理人/太郎
管理人/太郎

過去に実践してきた「カメラワーク」のワンシーンを紹介していきます。

愛猫バコ
愛猫バコ

太郎さんの数少ないカメラワークの実践ねwww

この記事を見ていただくと動画撮影における「カメラワーク」の重要性と効果、また実際の映像を見ることで「カメラワークの意図がどう視聴者に伝わるか」がご理解いただけると思います。


*amazonリンクが使えない場合はこちら↓

カメラワーク実際の映像

Fix(フィックス)固定

①京都 詩仙堂の庭園にて
詩仙堂の庭園にて庭園を眺めている女性と庭園の静寂のワンシーンです。
下手にカメラを動かすよりも、この「美しい構図」を見せたかったので完全固定の”Fix”で動画撮影し、京都の庭園の”わびさび”が表現できました。

Fix(フィックス)手持ち

②大阪オートメッセにて
大阪オートメッセの展示車の前でモデルさんを撮影したワンシーンです。
三脚も使えない状況なので仕方なくの”手持ち”だったんですが、手持ちの微妙な手振れ効果で「会場の臨場感」が表現できたと思います。

③京都 ゲストハウス「トンボ」にて
京都にあるゲストハウス「トンボ」の玄関にある色紙を動画撮影。
固定(手持ち)の手振れ効果で「眺めている主観」が表現できています。

Pan(パーン)

④大阪城公園の桜まつりにて
大阪城公園の桜まつりで、園内の大勢の客と大阪城のワンシーンです。
広角24㎜での撮影ですが「視野角」をより広めたくてPanしました。園内の周辺状況がよくわかるシーンになったと思います。

Tilt(ティルト)

⑤大阪 長居植物園にて
初夏に大阪の長居植物園で新緑の風景を撮ったワンシーンです。
背の高い植物があったんで三脚に据え、Tilt動画撮影をしました。その「背の高さ」が表現できたと思います。
若干カクカクしてて不細工ですね^^

回り込み(旋回)

⑥淡路島 鳴門うずしおクルーズにて
淡路島で鳴門のうずしおクルーズからの海峡大橋を仰ぎ見るシーンです。
クルーズ船から手持ちで橋の下を動画撮影し続けました。結果的に海峡大橋を”旋回”する形になり「立体的」に撮れたと思います。さらにTiltdown(ティルトダウン)でその「高さと周辺情報」も多く詰め込みました。

Track(トラック)

⑦淡路島 鳴門うずしおクルーズにて
クルーズ船の帰り際のワンシーンです。
海上の養殖場を近景に、背景の山々を遠景にクルーズ船上からなんちゃってTrack動画撮影しました。何をメインの被写体とするかが若干ぼやけていますが、貴重な動画素材となりました。

Follow(フォロー)

⑧大阪城公園 梅林にて
大阪城公園の梅林の動画撮影で運よくメジロを発見しました。
幸運にもメジロを発見しました。望遠ズームレンズで速射動画撮影。なんとかメジロを逃すまいとFollowし続けました。「臨場感」をもって画角内に収め続けることができました。

ピント送り

⑨京都 貴船神社にて
京都の奥座敷、貴船神社の絵馬を動画撮影しました。
多くの結われた絵馬。C-AFでカメラを動かし”ピント送り”をトライしました。ただただ背景ボケで撮るよりも「幾多の願い事が絵馬に込められている」という一つの表現です。

Zoom(ズーム)IN

⑩大阪オートメッセにて
大阪オートメッセの展示車の前のモデルさんを動画撮影。
ズームレンズで当初広角気味で車とモデルさんを画角内に入れてたんですが、モデルさんの「愛らしい表情」が欲しくてZoomIn(ズームイン)。表情というディティールが撮れました。

Focus(フォーカス)IN

⑪大阪 なんば光旅にて
大阪なんばのクリスマスイルミネーション「なんば光旅」のワンシーン。
飲食店前のイルミネーションがボケた状態からフォーカスリングを回し、ピントを徐々に合わせていきます。「幻想的なイメージ」から「現実的な店内の様子」を動画撮影しました。

Focus(フォーカス)OUT

⑫大阪 なんば光旅にて
これもクリスマスイルミネーションでのワンシーンです。
イルミネーションの前で楽しむカップルたち。これを徐々にボカシていって幻想的なイメージにしました。「映像作品のエンディング」にいい感じです。”シルエット”がまたいいですね!

Focus(フォーカス)IN/OUT

⑬大阪 富田林市の灯篭寺内祭りにて
富田林市の夏の風物詩「灯篭寺内祭り」のワンシーンです。
夜に明るい灯篭。ボケている灯篭を徐々にピントを合わせていきます。幻想的な灯篭祭りの全体のイメージから灯篭に書かれた「書の美しさ」を見せたくて「視聴者の目線を誘導」しています。

動画撮影におけるカメラワークまとめ

以上、実戦でのカメラワークをご紹介してきました。

「映像作品」として仕上げるためには、やはりこれらの「カメラワーク」は非常に重要です。

固定撮影一辺倒では見ていて飽きてきますからね。

カメラワークはカメラを扱う上での「技術的な側面」もあり練習も必要です。

何度となく実践でやり続けることが大事になってくるでしょう。

三脚やジンバルも必要となります。

皆さんも「カメラワーク」を頭に入れて動画撮影に勤しんでください!

管理人/太郎
管理人/太郎

動画撮影ではカメラワークは大事です。最近では「ジンバル」や「ドローン」など今までになかった”新鮮な映像で魅せる”方も増えてきましたね。

愛猫バコ
愛猫バコ

ドローンの空撮は見ごたえがあっていいよニャ♬


*amazonリンクが使えない場合はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました