YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

鈴木亜由子選手MGC2位|東京五輪マラソン代表内定を決める!

トレンド/話題
スポンサーリンク

2019年9月15日(日)MGC/マラソングランドチャンピオンシップ(東京五輪マラソン代表選考レース)が行われ、男子優勝は中村匠吾選手2位は服部勇馬選手女子優勝は前田穂南選手2位に鈴木亜由子選手が入った。

男女とも2位までに入った選手は来年の東京五輪に内定し、3位に入った選手はファイナルチャレンジの結果次第となる。この4選手は1年間、東京五輪のマラソン本番に向けてさらに走りに磨きをかけていくことになる。

MGC自体、50万人超のお客さんが沿道に応援に来るというほど大成功を収め、一発勝負の代表選考レースは無事終わった。

管理人/太郎
管理人/太郎

個人的に応援していた鈴木亜由子選手が2位に入ったということでほっとしております^^ おめでとう亜由子ちゃん!!

愛猫バコ
愛猫バコ

最後心配でテレビ見れてなかったよねwww

MGC女子レースの総括

MGCゴール前/鈴木選手

前半ハイペースによる予想外の展開

男子は8時50分に号砲が鳴り、女子は20分後の9時10分にスタートした。
気温は朝から高く26度、さらに湿度も60%ほどで戦前の予想では前半ゆっくり入ると言われていた。

号砲と共に先頭に立ったのはワコールの一山選手。強豪と目されていない選手だが、一番若い22歳で勢いのある選手。ワコールから他2選手、福士選手と安藤選手もいるということでチームプレイではないが安心して強気に出ることができたのだと思う。1キロ3分ちょいのハイペースだった。

前半5キロの時点で真冬のレースのような早い入り。予想外の展開に有力選手と目されていた松田選手が早くも遅れる。その後ある程度ペースは落ち着くが真夏のペースとしては相変わらず早い。松田選手が追いつくも集団は縦長のまま進んでいった。

野上選手、岩出選手、上原選手が脱落していく中、集団は天満屋の前田穂南選手が引っ張る形で進む。25度を上回るレース、ハイスピードのまま中間地点に近づいて行った。

中間地点大きく展開が変わる

18キロの地点で早くも集団がばらけトップに前田選手、続いて鈴木亜由子選手がくらいつく。

20キロ地点で2位の鈴木選手が付いていけず、前田選手の独走状態となった。

1位と2位の距離が徐々に広がる一方、2位の鈴木選手、3位の小原選手そして4位以下はちょうど30秒の間隔で広がりを見せた。この状態がしばらく続く。

首位独走の前田選手は手足の長いゆったりとしたフォームで見た目にスピード感は感じれないが一定のペースを守り、この時点でほぼ優勝は間違いないものになった。

後半からラスト白熱の2位争い

レースはいよいよ後半の35キロ、ペースは落ちていてもなお独走状態の首位前田選手。きつい坂もフォームは崩れることなく着々と上っていく。

2位と3位の位置関係は変わらないが鈴木選手も小原選手もペースは落ちていた。3位の天満屋小原選手は前回のリオ五輪を争うマラソンで屈辱の1秒差での敗退を味わっている選手。その悔しい思いを抱きながら2位の鈴木選手を必死に追いかけていた。

鈴木選手は今回2度目のマラソン。トラックの王者はマラソンの苦しさを味わっていた。当然トラックに比べ長く苦しい42.195キロ。その耐える時間の長さがわずか2度目のマラソンランナーに残酷にも襲い掛かってくる。大きな腕ふりと小気味いい足の回転とは逆にスピードは上がらない。

40キロ地点28秒あった差は徐々に縮まり、緊迫の2位争いとなっていった。

首位独走の前田選手は最後ペースこそ落ちたが、中間地点からの力強い走りでそのままゴールテープを切った。真夏のレースで2時間25分台でのゴールは、東京五輪マラソンのメダルを狙えるほどの渾身のレースだった。

2位争いは白熱の展開。きつい坂が終わり残り1キロを切って2位3位の差はさらに縮まっていく。

1秒差の屈辱を胸に追い上げる執念の小原選手と、ほとんど力の残っていない鈴木選手の戦い。タイム差は20秒を切っていた。鈴木選手にも意地がある。前回リオ五輪で10000mと5000mの代表に選ばれたが、事前の怪我で惨敗に終わっている。この東京五輪に対する思いは小原選手に負けないくらい並々ならぬものがあるのだ。

口が開き体が言うことを聞かない中、がむしゃらに腕を振り、うしろを振り返ることなく2時間29分2秒でついにゴール。

3位に入った小原選手とはわずか4秒差だった。

東京五輪の切符を手にしたのは優勝の前田選手と辛くも2位に入った鈴木選手となった。

MGCを終え東京五輪に向けて

MGCレース後のコメント

し烈な争いとなったMGCのレースを終え、東京五輪の切符を手にした選手たちは各社取材の中でコメントを発表している。

優勝の前田選手は「このレースはそれほどハイペースとは感じずに自分のペースを守りながら走っていた。中間地点で独走状態になったときもスパートをかけたつもりはなく、常に自分の走りに集中していた」後半の失速については本人も自覚しており「本番の東京五輪ではこの辺りが課題になってくる」と、来年に向けての思いを語っている。

2位の鈴木選手は「やはりマラソンの苦しさを味わった。こんなに耐える時間の長いレースは過去にない。もう少し早いペースについていけるように、これから一年さらに強度のある練習を積まなければならない」とこちらも来年の本番に向け、今のままでは戦えないと課題を口にした。

東京五輪に向けて課題を克服

鈴木亜由子選手にとってこのMGCの結果は「喜び」でもあり「課題の多く見つかった苦しい結果」だったと思う。やはり前田選手のスピードについていけなかったこと。後半の失速。ラストスパートがかけられなかった体力と足。課題は山積だとおそらく自覚しているだろう。

東京五輪まですでに1年を切っている。所属の郵政グループ、高橋監督との強化がカギとなってくる。

鈴木選手は過去に大きな手術をしている。鈴木選手は怪我とどう向き合うかも一つの課題だ。前回リオ五輪でも痛い目に合っているだけに練習の強度というものにシビアになってくるだろうが、課題を持っている今、そんなことを言っている場合ではない。MGC後に高橋監督もその点に言及しており、やはり強度を上げた練習が必要だと取材陣を前に語っている。

マラソンのOBたちがこぞって鈴木選手の才能に期待しているだけに、鈴木選手にかかる負担は相当のものだ。

トラックの時代に見せていたスピードを活かすために42.195キロに耐えうる体力と足を身に着けること、マラソン競技に対する熟練度も高めていく必要がある。相手は世界の猛者たち、生半可なレース運びでは決して勝てない。

来年は鈴木選手にとって28歳になる年で、競技者として一番脂ののっている時期ともいえる。鈴木選手としても東京五輪は満足のいく結果を残したいレースとなるだろう。

管理人/太郎
管理人/太郎

鈴木選手にはぜひリオの雪辱を果たしてほしいです。応援してます。がんばれ亜由子ちゃん!!

愛猫バコ
愛猫バコ

太郎さんはほんと鈴木選手が好きなんだね…

*鈴木亜由子選手の詳しい記事はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました