YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

南禅寺水路閣を動画撮影|レトロな赤レンガはシャープネスを上げる!

動画撮影/旅行記
スポンサーリンク

京都は左京区にある南禅寺。その近くにある水路閣(すいろかく)を動画撮影してきました。

古代ローマの水道橋を参考に造られた赤レンガ造りの”レトロ”な風合いが、色づき始めた紅葉とマッチして非常に「ノスタルジック」で「センチメンタル」な気持ちにさせてくれます。

今回の記事は「南禅寺の水路閣」の動画撮影後記となります。

管理人/太郎
管理人/太郎

この「ノスタルジック」で「センチメンタル」な情景はほんと”動画映え”しましたよ!

愛猫バコ
愛猫バコ

京都にこんな場所があったんだニャ!

この記事を読んでいただくと南禅寺水路閣での”動画スポット”や撮影するときの”注意点やコツ”がご理解いただけると思います。ぜひこの記事をお読みいただき水路閣へ訪れていただきたいと思います。


*南禅寺についての記事はこちら↓


*Amazonリンクが使えない場合はこちら

南禅寺の水路閣は琵琶湖疎水

水路閣/赤レンガ造り

南禅寺の「水路閣」とは?

琵琶湖から京都市内にひかれた「琵琶湖疎水」の水路として建築された水道橋です。

赤レンガ造りでレトロな景観は南禅寺を訪れた人々を「ノスタルジック」で「センチメンタル」な気持ちにさせてくれる。
ちなみに南禅寺とは日本の禅寺の中でも格式高く、かつて石川五右衛門が三門からの眺めを「絶景かな!絶景かな!」と言葉を残しているのは有名。美しい枯山水庭園を持つお寺です。

水路閣へのアクセス

*南禅寺のそばにありますので南禅寺のアクセスとなります。

南禅寺のアクセス
●営業時間:通常8時40分~17時00分/12月から2月8時40分~16時30分
●所在地:〒606-8435  京都府京都市左京区南禅寺福地町
●連絡先:075-771-0365
●WEB:http://www.nanzen.net/
●交通アクセス:
(1)JR京都駅から市バスで30分
(2)地下鉄東西線蹴上駅から徒歩で10分
(3)JR京都駅から自転車で27分(PiPPAシェアサイクル)

南禅寺の水路閣を動画撮影

南禅寺から水路閣へ

南禅寺の三門

訪れたのは2018年秋、京都左京区にある南禅寺に到着。
小雨の中、南禅寺を動画撮影。あたりは若干紅葉も色づき、非常に趣のある景観を撮りました。

有名な三門は思いのほか巨大で、広角レンズでローアングルからの撮影がバッチリ。柱一本一本がこれまた巨大なこと。。。
続いて枯山水庭園で静寂の中、赤黄緑の紅葉を動画撮影しました。

そのあと水路閣へ。100mほど歩いたところにあります。

今回持って行ったカメラ機材はボディはオリンパス「OM-D E-M1 Mark2」とレンズは「M.ZUIKO12-40㎜f2.8pro」と「M.ZUIKO40-150㎜f2.8pro」の本気装備。

水路閣をレトロに動画撮影

まずは手持ちで広角ズームレンズで”パース”を効かせて動画撮影。

この辺は紅葉はあまり色づいてないがモミジ生い茂る山の中に、不自然なくらいのレトロな建築物。アーチ型に積まれた赤レンガも色あせていて、ノスタルジックな景観は非常に動画映えしました。

少し露出アンダー気味にシャープネスを効かせてより”渋さ”を演出。

続いて水路閣と言えばこの構図とアングルですね。
望遠ズームレンズに変え、三脚に据えて【写し鏡】のように見える場所から動画撮影。

他の観光客の往来が途絶えない中、わずかな瞬間を狙って動画撮影。水平垂直を整えこれも露出アンダー気味に、シャープネスを上げて”渋さ”を演出しました。

やはりレトロなレンガ造りの建築物はシャープネス”カリッカリ”のアンダーが一番いい感じに撮れると思います。

水路閣の動画撮影まとめ

南禅寺の水路閣まえ

以上、水路閣の動画撮影後記を書いてきました。

紅葉がもっと色づいていれば、さらにノスタルジックに撮れたと思います。ただ観光客が非常に多く、写し鏡の撮影スポットに撮影者が集まってきます。決して独り占めせずに順番で撮りましょう!

それでは最後にまとめておきましょう。

愛猫バコ
愛猫バコ

うんうん、ノスタルジックな雰囲気が琴線にふれるね!【写し鏡】での動画撮影は必須項目だニャ!

【南禅寺水路閣の動画撮影まとめ】
●南禅寺の三門や枯山水庭園も動画撮影
●紅葉色づく11月中旬以降が見頃
●広角で水路閣全体をパンフォーカスで撮る
●望遠で朽ちた赤レンガ造りをズームインで撮る
「写し鏡」動画撮影は鉄板!
●露出アンダー気味にシャープネス上げて撮る
●撮影者が多いので撮影スポットを独り占めしないこと


YouTube/Bacochannel【南禅寺水路閣】


*Amazonリンクが使えない場合はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました