YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

プラス補正で動画撮影|女性や動物は意図して「露出オーバー」で撮る

カメラの基礎知識
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

カメラは自由です。必ずしも「見た目」と同じ明るさで撮る必要はありません。

あえて「プラス補正」で全体を明るくして「爽やかな印象」「ふんわりした印象」「キラキラした印象」を引き出しても構いません。

意図した露出オーバーは失敗ではないのです。

今回は「露出オーバーで撮る効果」についてお話していきます。

管理人/太郎
管理人/太郎

プラス補正して”あえて露出オーバー”にするシーンって結構あるんだよね!

愛猫バコ
愛猫バコ

”女性のポートレート”って明るく撮る印象があるよニャ…

この記事を読んでいただくと「どのシーンでプラス補正すべきか?」とか「露出オーバーで撮るとどう印象が変わるのか?」がご理解いただけると思います。



*【マイナス補正/露出アンダー】の記事はこちら↓



*動画向けフルサイズミラーレス一眼はこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

プラス補正し露出オーバーで撮ると「さわやか」になる

上述しましたが、”カメラは自由”であり”表現は自由”です。

自分の思いのまま露出(明るさ)をコントロールして動画撮影してもいいんです。「見た目の明るさ」が正解ではありません。例えば動画素材を編集して「映像作品」として仕上げるなら、思いのまま「演出」してなんぼなんです!

森林をプラス補正して「さわやか」なイメージにする

初夏、森の中で木々を見上げて動画撮影しました。
●適正露出(±0)で撮ると「見た目通り」の明るさになりました↓

森林/適正露出(±0)

私のイメージは「明るく爽やかな木々」です。なので…
●1段分プラス補正して再び撮りました。
→イメージ通り「明るく爽やかな印象」になりました↓

森林/露出オーバー(+1)

*若干の露出オーバー(+1)になりましたが「明るく爽やかな、若葉がキラキラしている」印象に変わりましたね!適正露出でもいいんですが、思いのまま「演出」しました。

紅葉をプラス補正して「ふんわり」をイメージする

晩秋、紅葉モミジを望遠ズームで動画撮影しました。
●適正露出(±0)で撮ると「見た目通り」の明るさになりました↓

紅葉/適正露出(±0)

私のイメージは「ふんわり暖かいイメージ」なんです。
●1段分プラス補正して再び撮りました。
→イメージ通り「ふんわり暖かい印象」になりました↓

*若干の露出オーバー(+1)になりましたが「ふんわり暖かい、秋晴れ」の印象に変わりましたね!適正露出では「少し肌寒い、秋晴れ」の印象があります。これもプラス補正して思いのまま「演出」しました。

「人物」や「動物」もプラス補正して撮るとよい

風景撮影でプラス補正すると大きく印象が変わることが分かりました。
次は「人物」や「動物」でもプラス補正すると印象が変わる。むしろ”プラス補正すべきである”ことを解説していきます。

女性を露出オーバーで撮ると肌がきれいになる

女性ポートレート/露出オーバー

ポートレートとりわけ「女性のポートレート」では”露出オーバー気味”に撮ると肌がきれいになります。

見た目通りの適正露出で撮ると、被写体である女性の「見せたくない部分」が浮き彫りになってしまいます。肌荒れやシミ、シワなど映す必要がないのです。あとで怒られちゃいますしね^^

*女性はプラス補正して明るく撮りましょう!カメラの設定で「シャープネス」を下げることも忘れずに…。

動物を露出オーバーで撮ると可愛くなる

小鹿/露出オーバー

ペットなどの「動物」もプラス補正し”露出オーバー気味”で撮ることをおすすめします。

露出オーバーで撮ると動物の「毛」が”ふんわり柔らかい”イメージに映り、動物が可愛らしくなります。適正露出(もしくは露出アンダー)だと動物の”ケモノ感”や”ケモノ臭”が出て、ちょっと恐いイメージになってしまいます。

*さらに「逆光」で撮ると動物の輪郭/毛がキラキラ光り、爽やかな印象にもなります。

プラス補正で動画撮影

それでは実際に動画撮影してきたものを見ていただきましょう。
もちろんプラス補正し”意図して”露出オーバーで撮ってきたものです。

自然の中で子供を動画撮影

プラス補正し結構な露出オーバーで動画撮影しました。
自然の中の「さわやかな空気感」が表現できています。どこか「心地よくやさしいイメージ」にもなっていますね。

青モミジを動画撮影

プラス補正し露出オーバーで青モミジが「透過」しています。
背景の空は完全に”白飛び”していますが、主題の青モミジは「爽やかなイメージ」になっています。吹いている風も爽やかな感じがしますね。

紅葉を接写で動画撮影

プラス補正し結構な露出オーバーで動画撮影しました。
背景の紅葉は完全にボケていて、主題の前面の紅葉は「透過」し葉脈が美しく撮れています。爽やかというより「ふんわり幻想的なイメージ」になっていますね。

女性のポートレートを動画撮影

プラス補正し少し露出オーバー気味に動画撮影しました。
背景の緑葉はきれいにボケていて、主題の女性の「肌は白くきれい」に撮れています。若干ピンボケしていますが「シャープネス」も下げて余計なものは映っていません。

穏やかな日、桜並木を動画撮影

プラス補正し、望遠ズームで露出オーバーで動画撮影。
背景の桜並木は「圧縮効果」で”密集感”が出ています。さらに露出オーバーで桜が「キラキラし穏やかなイメージ」を演出しました。

「夜景」をプラス補正して見やすくする

以上、日中におけるプラス補正効果をご紹介してきましたが「夜景」でもプラス補正すると効果があるんです。

実際には補正してない方が「見た目に近い」のですが、プラス補正することで”映像としては見やすく”なります。元々光量の少ない部分に少し輪郭が見えてきて「映像の情報量が増幅される」からです。

●見た目に近い明るさ↓


●プラス補正すると↓

やはりプラス補正すると映像の中の情報量が増えて非常に見やすくなりました。

*もちろん不自然なくらい明るくするのはご法度だし、ISO感度を上げていくだけ”画質は劣化”していきますから、限度はあります。また撮影時に暗くなっても編集段階である程度明るく復活しますから、情報のない”黒つぶれ”はできるだけ回避しましょう!

プラス補正で動画撮影まとめ

以上、「プラス補正の効果」や「露出オーバーで動画撮影するとどうなるのか」を解説してきました。

最後に露出オーバーの注意点として…
●露出オーバーで動画撮影する際の注意点として「白飛び」というのがあります。白飛びとは「明るすぎて諧調の情報が得られず白一色に塗りつぶされた状態になること」でのちに編集で回復することができないものです。なので露出オーバーには限度があるし、主題でなければ白飛びも一つの演出になるのですが、主題が白飛びするのは回避したいですね。

それではまとめていきましょう!

管理人/太郎
管理人/太郎

「さわやか」「ふんわり」「幻想的」「キラキラ」みたいな感じにしたければすべて「プラス補正」にすべきだね!

愛猫バコ
愛猫バコ

それはちょっと言いすぎじゃない…

【プラス補正で動画撮影まとめ】
●「見た目の明るさ」が正解ではない
●プラス補正し意図のある露出オーバーは「演出」となる
●女性/子供や動物の動画撮影はプラス補正すべき
●さわやか/ふんわり/幻想的/キラキラのイメージになる
●夜景のプラス補正では映像が見やすくなる
主題の「白飛び」には要注意
●背景など主題でなければ「白飛び」はOK


*カメラの基本「露出」に関する記事はこちら↓



*動画向けフルサイズミラーレス一眼はこちら↓

*Amazonリンクが使えない場合はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました