YouTubeに動画をアップしてます
Bacochannel

「アングル」と「ポジション」の違いを解説|カメラ用語を画像で解説

カメラの基礎知識
スポンサーリンク

皆さん!動画撮影していますか?

動画撮影する上で知っておきたい「カメラ用語」があります。

「アングル」「ポジション」

この2つのカメラ用語を”誤解している”人が結構いると思います。

今回はカメラ用語「アングル」と「ポジション」について解説していきます。

管理人/太郎
管理人/太郎

ハッキリ言って私も「アングル」と「ポジション」の定義は曖昧でした…

愛猫バコ
愛猫バコ

。。。。。。

この記事を読んでいただくと「アングル」と「ポジション」の意味や「アングル」+「ポジション」でどんな効果があるのか?がご理解いただけると思います。

誤解されるカメラ用語「ローアングル」を解説

まず始めによく誤解される「ローアングル」の意味について解説していきます。

風景撮影など「広角レンズ」で「パンフォーカス」しかも「ローアングル」で撮ると”ダイナミック”な風景写真や動画が撮れるといいます。

そこで2つの画像を見てもらいます。

画像①
画像②

①は確かに広角レンズでパンフォーカスで「ローアングル」ですが、②は広角レンズでパンフォーカスですが「ローアングル」ではありません。

何が違うのか。。。?
①は見上げている(カメラが上を向いている)アングルですが、②は見上げていない(カメラが水平に向いている)アングルです。

つまり「ローアングル」とはカメラの高さ(位置)ではなくてカメラが上を向いていることを言います。

①も②もカメラが低い位置にあるんですが、②は水平に向いているので「ローアングル」ではないんです。カメラの高さ(位置)は「ポジション」と言います。

誤解しやすい「カメラ用語」
●アングル:カメラの向き(方向)のこと
●ポジション:カメラの高さ(位置)のこと

ちなみに…
①は「ローアングル+ローポジション」で撮ったもので、
②は「水平アングル+ローポジション」で撮ったものです。

要するに、”高い位置”から撮っていても、カメラが上を向いているなら、それは「ローアングル(+ハイポジション)」となります。

各「ポジション」からの「アングル」を解説

それでは具体的に「ポジション」と「アングル」を図解で解説していきます。

3種類の「ポジション」と3種類の「アングル」があります。

「ローポジション」からの「アングル」を解説

ローポジション/アングル

「ローポジション:腰より低い位置から撮影すること」
そこからカメラの向きが3種類あり…
●ローアングル:カメラが上を向いていること
●水平アングル:カメラが水平を向いてること
●ハイアングル:カメラが下を向いていること

作例をご覧ください↓

「ローポジション+水平アングル」で動画撮影
京都は詩仙堂の庭園を撮ったものです。広角レンズでパンフォーカス。水平アングルによって「下の畳から上の天井まで平均的に」書院内を撮りきれたと思います。

「ローポジション+ハイアングル」で動画撮影
下鴨神社の馬が一列に闊歩していくシーンです。馬の「足元だけ」を撮りたくて少し下に向けて撮りました。余計なものを入れず、規律正しく一歩一歩進んでいく様子にフォーカスできています。

「ハイポジション」からの「アングル」を解説

ハイポジション/アングル

「ハイポジション:身長より高い位置から撮影すること」
そこからカメラの向きが3種類あり…
●ローアングル:カメラが上を向いていること
●水平アングル:カメラが水平を向いてること
●ハイアングル:カメラが下を向いていること

作例をご覧ください↓

「ハイポジション+水平アングル」で動画撮影
京都の錦市場をGopro7で”歩き撮り”したものです。自撮り棒に固定し頭上から水平に向けて撮りました。「混雑した中での歩き撮り」はやはりハイポジションからの動画撮影をおすすめします。

「ハイポジション+ハイアングル」で動画撮影
京都の伊根の舟屋でのワンシーンです。小高い丘の上から一面に広がる伊根の町を撮影しました。「ハイポジションから見下ろす」と町の様相がよく分かります。

「アイレベル」からの「アングル」を解説

アイレベル/アングル

「アイレベル:普通の目線から撮影すること」
そこからカメラの向きが3種類あり…
●ローアングル:カメラが上を向いていること
●水平アングル:カメラが水平を向いてること
●ハイアングル:カメラが下を向いていること

作例をご覧ください↓

「アイレベル+水平アングル」で動画撮影
難波の街並みをスナップ動画撮影しました。アイレベルで「普段の目線のまま」なので「日常を切り取る」ような映像に向いていますね。映像にインパクトはないですが”臨場感”は出てきます。

「アイレベル+ローアングル」で動画撮影
京都御所で大きなイチョウの木を動画撮影しました。あおり目線のローアングルは「背の高い被写体の高さ」を表現するのに向いていますね。”青空”と黄色の対比もまたいい感じです。

「アングル」と「ポジション」の違いまとめ

以上、ややこしいカメラ用語「アングル」と「ポジション」について解説してきました。

「アングルとポジションの組み合わせ」によって魅力的な被写体をいかようにも「演出」できます。

それでは最後にまとめておきましょう。

愛猫バコ
愛猫バコ

図解で「アングル」と「ポジション」を解説してくれると分かりやすいニャ♬

管理人/太郎
管理人/太郎

ありがとうバコちゃん♬

【「アングル」と「ポジション」の違いまとめ】
「アングル」とは「カメラの向き(方向)のこと」
●ローアングル:カメラが上を向いていること
●水平アングル:カメラが水平を向いてること
●ハイアングル:カメラが下を向いていること
「ポジション」とは「カメラの高さ(位置)のこと」
●ローポジション:腰より低い位置から撮影すること
●アイレベル:普通の目線から撮影すること
●ハイポジション:身長より高い位置から撮影すること
*アングルとポジションの”組み合わせ”で様々な演出ができる

コメント

タイトルとURLをコピーしました